笑顔の女の子

普及している理由

日本でもスクラブが医療現場に普及してきた理由

日本の医療施設では、患者の皆さんが明るく過ごせるようにと様々な配慮がなされるようになりました。そのひとつに医療現場スタッフの身に付ける白衣にも変化が目立つようになりました。従来は、硬い雰囲気で消毒液の匂いが漂うような固定観念があった医療の現場ばかりでしたが、海外の医療従事者の間では長くトレンドとして着用されてきたスクラブが、通販のショップを中心に利用されたせいか、欧米スタイルのスクラブが人気を集め、現在は、日本ブランドが競って高機能で各科に適したオリジナルスクラブを手がけるようになりました。日本では手術着として長く認知されてましたが、アメリカ等の海外では1990年代には普及しており、今では大部分の医療施設の定番の正式な制服となっています。脱ぎ着がしやすい使い勝手の良さに加えて、綿やポリエステル素材で作られているので普通の洗濯機で洗えて干しておくだけで次も清潔に使用できるのは何より魅力な点と言えます。ワーキングウェアとして、伸縮性に優れており、大きな動作を繰り返しても経年劣化が少ない点や、通常の白衣に比べて吸汗性が高く制菌加工も施されている生地が医療病棟に適していると考えられます。

進化する通販サイトの医療現場の為のワークウェアの傾向

平面がフラットなデザインが特徴のスクラブは診療時の医師や介助がメインの介護士も仕事がスムーズになるので評判が高く、更にこだわりたい人向けに、通販ショップを閲覧すると、サイドスリットを深くしたもの、ポケットや袖口のストライプ裏地が個性的なもの、カラフルな配色から選べるタイプが人気です。小児科や歯科クリニックに人気なのがプリント柄スクラブです。大胆なアロハ模様や季節に合わせた衣替えも着る人も見る人も楽しさが増します。通販サイトも多様化しており、カタログを送ってくれるだけでなく、独自のスタイルにこだわる人の為にポケットや衿元、素材や丈等好みに合わせてカスタマイズする会社や、医療施設全体においてチームユニフォームとして従来の白衣からスクラブに移行を提案している場合は、営業の担当者が訪問して試着もできるところもあり、最近は、刺繍やプリントロゴの種類も豊富なのが特徴です。既にスクラブを着用して勤務している看護士や介護士、医師の皆さんは、より理想的なスクラブに出合えるように、スクラブの着用が未経験の医療スタッフの人達は、快適で着脱も簡単なスクラブを通販サイト等でチェックしてみる事をおすすめします。